スキームービー

山スキー、ゲレンデ、ダンス、その他お遊び 老後の楽しみに色々と記録

クリーミーパウダー(笑)


午前の晴れ予報に期待して、またまた鍋へ。
なんとなく、前日のトレースが埋まった沢周りルートで。尾根回りとどっちが早いんだろ

お日様パワーイマサンくらいなんで、サクっとドロップ。
前日のトレースと、不快に絡みまくってイマイチ。
雪は、いわゆるクリーミーパウダー?ってやつかな??(笑)
悪かないんだけどね。

二本目登り返すと、山頂にフルさん。
せっかくだから、追い撮り。
こけて、地鶏棒曲がる(泣)
8D7B721D-4E4A-418E-98AE-227C3B301242
元に戻そうとしたら折れた(泣)

ギャラリーのいないギャラリーバーン経由で終了
維新寄って。
3E403B42-05C7-4F5E-A4DD-44990F75F893

レッスンも出て。
満足度は高かった(笑) 

まだまだパウダー


予報的に、ゲレンデ一拓だからしょうがない。
降ったのが水曜の夜中。木曜は早々に晴れ。金曜は、一日晴れ。この日の降雪3cm。

ビコ回しからスカって、再度上がって直行便は、誰も行ってなかった。
4番かな。
滑る頃には視界が開け、雪もなかなか良いではおまへんか。
下はデッコボコでキツかったけど(笑)。

二周目は6とか7。
246B6AF4-3B45-417F-8B0B-F8F06317B809
デブリが多くってあんまり快適ではなかった。

午後は、ヤフオクゲットのトレッカーを使ってみたく裏へ。
シールは春板用との組み合わせで、登坂テスト。
結果、問題無し。
使用シーンは、こことアライくらい。年に2、3回しかないんで、こんなもんでじゅうぶん。
しかし、思ってたより重かったなあ(笑)

そして、最後のゲレンデ下山が辛過ぎた。 
7E34B9C3-6135-46DD-BF69-F10B7F9854B6
なんかしらんが、こういうの好き(笑) 

まったりパウダー

寝てカラダがどうなるかだったけど、特に痛みがひどくなることはなかった。
頑張る系も頭にあったんだけど、気持が折れたので、またまた鍋へ(笑)

朝から素晴らしい天気。
雪は、サラッサラで登りも気持ちよい。もちろん、先行トレースなんて使わない(笑)
滑りも盤石。快感パウダー。

二本目登りでシャリバテ(笑)。
メシ食って、も一本上がって、そのままマッタリモード突入(笑)

春パウダーは、ゆる~く楽しむのが最高だな。

三月パウダー

寒の戻りで、サボリーマン(笑)
上40、中間25.
上の積み方は十分だけど、視界が。中間はビミョー。

悩んで出した結論は、中間下車。
先行1名(笑)

7割がたは大丈夫だけど、ときたまガリクソン。コースは概ねそんな感じ。
今季3回目の新コースは、今までで一番で良かった。

ツリーは、シーズン中と全く同じでどこもバフバフ。

飯食ってからの午後の部。
直行便はガッスガス。

15時くらいに視界がクリアになったんで、上へ行くもやらかして

ストック一本奉納(涙)。
腰のあたりぶつけて、まだ痛い。
直行便は、色々と山と同じ気持で望まないとダメね。 

グリーンブック

747455A3-2BD2-408F-83B5-BD52957FDF0F

オレの見る映画の予告では流れることなかったので、全くノーチェックの前知識なし。
アカデミー賞ってどんな感じだろ?って感じで空き時間をみつけて。

結果、ものすごく良い映画だった。
こういう人種差別の話って、日本人的には正直よくわからんとこはある。肌身で感じてないし。
たぶん、今でもなくなってはないんだろうけど。

なんか、そういうシビアなとこをうまくユーモアで中和してエンタメ作品にした感じなんか。
フライドチキンと手紙がね、笑うんだよ。

どっちの役者も良かったけど、黒人さんの気品があって凛々しい。けど、もの悲しくもあるとこを、ガサツなイタリア(これがまた人種差別的にどんな立ち位置なのかがよくわからんのだが)系と共に過ごすことで変わっていく様が見事だった。
クラブで即興でライブやるところの笑顔がもう、めっちゃ素敵。

最後、エンディングロールに本人さん写真が流れると。
ほ〜んと、ハズレなしね。

公式サイト



記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • クリーミーパウダー(笑)
  • クリーミーパウダー(笑)
  • クリーミーパウダー(笑)
  • まだまだパウダー
  • まだまだパウダー
  • まだまだパウダー
  • まったりパウダー
  • 三月パウダー
  • 三月パウダー
アーカイブ
  • ライブドアブログ